RSS | ATOM | SEARCH
武藤章先生 JIA25年賞受賞を祝う会

JUGEMテーマ:学問・学校



【 武藤章先生 日本建築家協会25年賞受賞を祝う会 】
2月9日に工学院大学ファカルティクラブにて開催されました。南迫研究室から、南迫先生・大野さん・佐藤さん・中澤さん・熊谷さん・松葉さん・小湊の7名が参加致しました。
建築学部・鈴木敏彦教授の司会進行のもと武藤研究室OBの方の挨拶、南迫先生の乾杯のご発声で会が始まりました。この度の25年賞の受賞は、「白樺湖 山の家(旧学寮)」と「蓼科クラブ」の両建物が受賞しました。
南迫先生による「白樺湖 山の家(旧学寮)」設計の経緯、武藤先生のお考え等のお話をされました。
工学院大学の小澤教授・谷口教授もお見えになりまして当時のお話をされました。最後に武藤先生の奥様とお嬢様のかおり様より謝辞を頂き、全員で記念写真を撮影して閉会致しました。

A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7

**************** S57卒−小湊 ******************
author:sekokenblog, category:OB近況報告, 11:11
-, -, - -
武藤章先生の作品の受賞を祝う会


【 武藤章先生の作品の受賞を祝う会 】


主催:武藤章先生の作品の受賞を祝う会
(武藤かおり、吉田和久、安藤清隆、小俣光一、鈴木敏彦)
日時:2020年2月9日(日)12:30〜15:00(12:00開場)
会場:工学院大学新宿キャンパス中層棟8階ファカルティクラブ

参加費:1万円(当日受付、食事と書籍を含む)
・北欧料理リラ・ダーラナよりケータリング
・『建築を保存する本01 工学院大学八王子図書館/武藤章』(1冊)
・白樺湖夏の家に関する小冊子(1部)

25Pri

**********************************
南迫研究室卒業生ならびに関係者の方々にご参加頂けますようお願い申し上げます。
尚、ご参加頂けましたら12月25日(水) 小湊一敬(コミナト イッケイ)Mail: gkomichan@gmail.com までご返信下さい。
終宴後、南迫研究室関係者の方々で2次会を計画していますので、そちらもご参加宜しくお願い致します。
**********************************
南迫先生と奥様にお会いしました。皆様にお会いするのを楽しみにしています。

Minamiseko
author:sekokenblog, category:お知らせ, 09:22
-, -, - -
【 日本建築家協会 25年賞 伝達式 】
7月13日(土)に「工学院大学 旧白樺湖学寮」にて「公益社団法人 日本建築家協会(JIA)」より25年賞を受賞し、レリーフの伝達式が執り行われました。
武藤先生・南迫先生・十代田先生・中島先生 による設計で1968年に竣工した建物です。2016年に閉鎖され その後、鈴木敏彦教授を中心に建築系同窓会が引き継ぎ改築などを行い「白樺湖夏の家」として保存・活用が始められました。
この度の受賞・伝達式の際、南迫先生から設計時のお話しを皆様にされました。

minamiseko01  minamiseko02  minamiseko03

************** S57卒-小湊 ***************
author:sekokenblog, category:-, 11:40
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その4 有楽苑・犬山城 】

JUGEMテーマ:学問・学校



【 名古屋・神戸 建築の旅 その4 有楽苑・犬山城 】

「名鉄犬山ホテル」に宿泊しました。隣接している「有楽苑」が改修工事中の為、隣接の茶室を拝見しました。「犬山城と城下町」を見学後、ホテルの白帝の湯に入り「和食処 有楽」で夕食を堪能しました。

Sono02 Sono03 Sono04 Sono05 Sono14 Sono15 Sono01 Sono08 Sono09 Sono10 Sono11 Sono12 Sono13
****************** S57卒-小湊 *****************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 22:43
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その3 山邑邸(ヨドコウ迎賓館) 】

JUGEMテーマ:学問・学校



【 名古屋・神戸 建築の旅 その3 山邑邸(ヨドコウ迎賓館) 】

神戸・芦屋にあります「旧 山邑邸」現、衢篝鄒醜歃蝓.茱疋灰Ψ淺亟 として国指定重要文化財に指定を受け一昨年より改修工事を行い維持・管理をされています。
この度、淀川製鋼所 IR室 PRグループの方々にご招待頂き特別に拝館させて頂きました。
南迫研究室の生徒11名で製作した模型も館内に展示し、製作者11名の氏名が明記されていました。
山邑邸はフランク・ロイド・ライト氏の日本で唯一の住宅作品です。ライト氏が帰国後は遠藤新氏・南信氏 が設計・竣工させたそうです。栃木県の大谷から取り寄せた大谷石をふんだんに使い、トップサイドライトの外部には大谷石の粉とセメンを混ぜて型に入れて飾りブロックを製作して取付けて有りました。3方向が崖の敷地に建つ建物は3階テラスに出ると大阪湾を臨み素晴らしい景色です。1階はエントランス、2階は客室・応接室、3階が主寝室・夫人の部屋・和室、使用人が10名従事したキッチン・家事室・使用人室が有ります。そして小さな勝手口が家事室の隣に配置し、貴重なポジションと先生はお話下さいました。事実、施主もこの勝手口を利用したようでステッキ掛けが設けて有りました。
衢篝鄒醜歃 IR室 PRグループの皆様、ありがとうございました。

Yama01 Yama02 Yama03 Yama04 Yama05 Yama06 Yama07 Yama08 Yama09 Yama10 Yama11 Yama12 Yama13 Yama14 Yama15
*************** S57卒ー小湊 ***************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 21:27
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その2 甲子園ホテル 】

JUGEMテーマ:学問・学校




【 名古屋・神戸 建築の旅 その2 甲子園ホテル 】

17日(月)に神戸に移動しまして西宮に有ります「甲子園ホテル」武庫川女子大学 甲子園会館の見学を行いました。
昭和5年竣工の 遠藤 新(アラタ)設計のホテルですがホテルは14年間のみで病院や宿舎に変わり現在は大学・建築科の学生が使用しています。
3階のテラスから見る天に突き刺す煙突タワー、水平にのびゆくキャンティレバーの庇が空に映えていました。
室内廊下には「水琴窟」を思わせる防火水槽が良い音を奏でていました。バンケットホールは格天井をデザインし、柱から梁にかけて装飾を施してありました。大きな一枚ガラスの上げ下げ窓はスチール枠の両側に分銅を付けて軽く作動するそうです。
支配人を林愛作さん設計者を遠藤新さんと帝国ホテルと同じ方々が造られたのですが全然違う建物でしたので先生に尋ねると「日本人の為のホテルなんだよ。ライトは日本人を解っていなかった。出来上がった図面や写真をライトに送ったら 良くやった! と褒めてくれたんだよ」と話して頂きました。残念ながら客室は無くなっていましたが西洋のホテルの良いところと日本の旅館の良いところの融合と言われる所以です。

Koushi01 Koushi02 Koushi03 Koushi04 Koushi05 Koushi06 Koushi07 Koushi08 Koushi09 Koushi10 Koushi11 Koushi12

*************** S57卒ー小湊 ****************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 20:24
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その1 明治村 帝国ホテル 】

JUGEMテーマ:学問・学校



【 名古屋・神戸 建築の旅 その1 明治村 帝国ホテル 】

令和元年 6月 16日(日)〜17日(月) の2日間、南迫哲也先生とOB7名で、名古屋の明治村 帝国ホテル 神戸の甲子園ホテル(武庫川学園 甲子園会館)と旧山邑邸(ヨドコウ迎賓館)を見学して来ました。

【 帝国ホテル IMPERIAL HOTEL 】
名古屋の博物館明治村に一部、移築してあります。朝のTVドラマでホテルロビーを使用していました。玄関の正面2階席に赤いカーテンの後ろに楽団が配置されエントランスや食堂に音楽を奏でていたそうです。玄関開き戸の上部に喫茶が有りましたので一服、そこに至る数段の階段と溜まりが先生は好きだそうです。
ロビーの吹抜けを囲む2階右脇の部屋にテーブルと椅子が有りましたので、先生の講義を開いていただきました。
平面図と実物を見ながら先生のお話しを聞く事が出来て大変素敵な時間でした。

Impe01 Impe02 Impe03 Impe04 Impe05 Impe06 Impe07 Impe08 Impe09 Impe10 Impe11 Impe12
********************* S57卒ー小湊 ************************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 19:11
-, -, - -
【 南迫研究室 ・ 山の家 新年会 】
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

1月23日(水)に「南迫研究室・山の家」の新年会が開催されました。

南迫哲也先生をはじめ佐藤幸一さん高橋昭彦さん及川清弘さん小湊一敬さん熊谷幸浩さん中澤克秀さん三浦伸夫さんの8名の参加が有りました。
今年は「山の家」の修繕工事を含めてより一層の充実と会員・ビジターの方々が気軽に宿泊できる体制をつくリましょう。
南迫哲也先生と伴に、神戸の武庫川学園(旧甲子園ホテル)ヨドコウ迎賓館(山邑邸)明治村・帝国ホテル 建築の旅をしましょう。
と言うお話や相談から フランク・ロイド・ライトの落水荘・グッゲンハイムなどや工学院大学の白樺湖学寮減築工事と武藤章先生・アルヴァ・アールトのお話、ライトとコルビジェとの関係までお話しが及び大変たのしい新年会となりました。
今年は随時みなさまに催しをお伝えしたいと思います。宜しくお願い致します。

shinenn
author:sekokenblog, category:-, 12:01
-, -, - -
◆◆◆ 謹 賀 新 年 ◆◆◆

JUGEMテーマ:日記・一般



年賀状

【 棟 ・ 桁 ・ 軒 】

【 壁は空を造る   空は生を可とする 】

******************** 平成三十年 南迫哲也 ********************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 18:18
-, -, - -
【 南迫哲也と巡る 自由学園 】見学講演会について

JUGEMテーマ:学問・学校



平成29年10月20日(金)に予定しておりました

【 南迫哲也と巡る 自由学園 】の見学講演会は、諸事情により延期となりました。

見学講演会が決まりましたら改めてアナウンスさせていただきます。

************ S63卒−熊谷幸浩 ************
author:sekokenblog, category:-, 01:05
-, -, - -