RSS | ATOM | SEARCH
【 名古屋・神戸 建築の旅 その4 有楽苑・犬山城 】

JUGEMテーマ:学問・学校



【 名古屋・神戸 建築の旅 その4 有楽苑・犬山城 】

「名鉄犬山ホテル」に宿泊しました。隣接している「有楽苑」が改修工事中の為、隣接の茶室を拝見しました。「犬山城と城下町」を見学後、ホテルの白帝の湯に入り「和食処 有楽」で夕食を堪能しました。

Sono02 Sono03 Sono04 Sono05 Sono14 Sono15 Sono01 Sono08 Sono09 Sono10 Sono11 Sono12 Sono13
****************** S57卒-小湊 *****************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 22:43
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その3 山邑邸(ヨドコウ迎賓館) 】

JUGEMテーマ:学問・学校



【 名古屋・神戸 建築の旅 その3 山邑邸(ヨドコウ迎賓館) 】

神戸・芦屋にあります「旧 山邑邸」現、衢篝鄒醜歃蝓.茱疋灰Ψ淺亟 として国指定重要文化財に指定を受け一昨年より改修工事を行い維持・管理をされています。
この度、淀川製鋼所 IR室 PRグループの方々にご招待頂き特別に拝館させて頂きました。
南迫研究室の生徒11名で製作した模型も館内に展示し、製作者11名の氏名が明記されていました。
山邑邸はフランク・ロイド・ライト氏の日本で唯一の住宅作品です。ライト氏が帰国後は遠藤新氏・南信氏 が設計・竣工させたそうです。栃木県の大谷から取り寄せた大谷石をふんだんに使い、トップサイドライトの外部には大谷石の粉とセメンを混ぜて型に入れて飾りブロックを製作して取付けて有りました。3方向が崖の敷地に建つ建物は3階テラスに出ると大阪湾を臨み素晴らしい景色です。1階はエントランス、2階は客室・応接室、3階が主寝室・夫人の部屋・和室、使用人が10名従事したキッチン・家事室・使用人室が有ります。そして小さな勝手口が家事室の隣に配置し、貴重なポジションと先生はお話下さいました。事実、施主もこの勝手口を利用したようでステッキ掛けが設けて有りました。
衢篝鄒醜歃 IR室 PRグループの皆様、ありがとうございました。

Yama01 Yama02 Yama03 Yama04 Yama05 Yama06 Yama07 Yama08 Yama09 Yama10 Yama11 Yama12 Yama13 Yama14 Yama15
*************** S57卒ー小湊 ***************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 21:27
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その2 甲子園ホテル 】

JUGEMテーマ:学問・学校




【 名古屋・神戸 建築の旅 その2 甲子園ホテル 】

17日(月)に神戸に移動しまして西宮に有ります「甲子園ホテル」武庫川女子大学 甲子園会館の見学を行いました。
昭和5年竣工の 遠藤 新(アラタ)設計のホテルですがホテルは14年間のみで病院や宿舎に変わり現在は大学・建築科の学生が使用しています。
3階のテラスから見る天に突き刺す煙突タワー、水平にのびゆくキャンティレバーの庇が空に映えていました。
室内廊下には「水琴窟」を思わせる防火水槽が良い音を奏でていました。バンケットホールは格天井をデザインし、柱から梁にかけて装飾を施してありました。大きな一枚ガラスの上げ下げ窓はスチール枠の両側に分銅を付けて軽く作動するそうです。
支配人を林愛作さん設計者を遠藤新さんと帝国ホテルと同じ方々が造られたのですが全然違う建物でしたので先生に尋ねると「日本人の為のホテルなんだよ。ライトは日本人を解っていなかった。出来上がった図面や写真をライトに送ったら 良くやった! と褒めてくれたんだよ」と話して頂きました。残念ながら客室は無くなっていましたが西洋のホテルの良いところと日本の旅館の良いところの融合と言われる所以です。

Koushi01 Koushi02 Koushi03 Koushi04 Koushi05 Koushi06 Koushi07 Koushi08 Koushi09 Koushi10 Koushi11 Koushi12

*************** S57卒ー小湊 ****************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 20:24
-, -, - -
【 名古屋・神戸 建築の旅 その1 明治村 帝国ホテル 】

JUGEMテーマ:学問・学校



【 名古屋・神戸 建築の旅 その1 明治村 帝国ホテル 】

令和元年 6月 16日(日)〜17日(月) の2日間、南迫哲也先生とOB7名で、名古屋の明治村 帝国ホテル 神戸の甲子園ホテル(武庫川学園 甲子園会館)と旧山邑邸(ヨドコウ迎賓館)を見学して来ました。

【 帝国ホテル IMPERIAL HOTEL 】
名古屋の博物館明治村に一部、移築してあります。朝のTVドラマでホテルロビーを使用していました。玄関の正面2階席に赤いカーテンの後ろに楽団が配置されエントランスや食堂に音楽を奏でていたそうです。玄関開き戸の上部に喫茶が有りましたので一服、そこに至る数段の階段と溜まりが先生は好きだそうです。
ロビーの吹抜けを囲む2階右脇の部屋にテーブルと椅子が有りましたので、先生の講義を開いていただきました。
平面図と実物を見ながら先生のお話しを聞く事が出来て大変素敵な時間でした。

Impe01 Impe02 Impe03 Impe04 Impe05 Impe06 Impe07 Impe08 Impe09 Impe10 Impe11 Impe12
********************* S57卒ー小湊 ************************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 19:11
-, -, - -
◆◆◆ 謹 賀 新 年 ◆◆◆

JUGEMテーマ:日記・一般



年賀状

【 棟 ・ 桁 ・ 軒 】

【 壁は空を造る   空は生を可とする 】

******************** 平成三十年 南迫哲也 ********************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 18:18
-, -, - -
■■ フランク・ロイド・ライト 生誕150年を迎えて ■■

JUGEMテーマ:学問・学校



【 フランク・ロイド・ライト 生誕150年を迎えて 】 皆様へ 南迫哲也先生の「旧山邑家住宅(現ヨドコウ迎賓館)」に寄稿しました記事をご紹介致します。

F01
F02

******************** S55卒−高橋昭彦 *************************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 15:06
-, -, - -
ライト誕生150周年記念講演

JUGEMテーマ:学問・学校



「ライト誕生150周年記念講演」を10月21日、横浜市開港記念会館にて南迫哲也先生の「フランク・ロイド・ライトの建築哲学とそれを実践した弟子たちと作品」について講演されました。
第1部はライトの生い立ちや家族の話、サリバン事務所時代、独立後のオークパーク住宅郡、落水荘の“コンプレッション・リング”の話、タリアセンの学校と弟子たち、訪日しての“帝国ホテル”“自由学園・明日館”、日本人の高弟、遠藤新と作品についてお話をされました。
第2部はライトの作品を交えながら「福島県応急仮設住宅」と「福島県復興住宅」につきまして設計・監理と建築後の調査報告をされました。
2時間あまりの講演でしたが、とても有意義なお話しを聞く事ができました。また別の機会(工学院大学等)に講演を企画いたしますので、次回は是非ご会席下さい。

01

02
********************* s57卒−小湊 ******************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 14:17
-, -, - -
■■■ 福島県 復興住宅 ■■■

JUGEMテーマ:学問・学校



【 福島県買取型復興公営住宅整備事業 】(白虎町地区)

昨年来、行ってきました事業が竣工・完成しましたのでご報告いたします。
平成27年に上記事業のプロポーザルに出願致しまして、入選しました。住宅を19棟、集会場を1棟 (南迫哲也・平井充・山口紗由・熊谷幸浩・小湊一敬)設計監理いたしました。
平成28年4月に完成引渡しいたしまして、現在 被災者の方々に居住いただいております。

白虎01
白虎02
白虎03
白虎04
白虎05
白虎06
白虎07
白虎08
白虎09

***************** S57卒−小湊 ******************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 13:58
-, -, - -
☆☆ 山の家 改修工事調査 ☆☆
JUGEMテーマ:学問・学校


4月9日(土)〜10日(日)をかけまして「山の家(有壇舎) 改修工事調査」を現地にて行いました。
内部・外部にわたり緊急改修の部分、希望的改修部分の調査を行い、後日、調査報告と改修工事実施内容・予算などを決議する事に成りました。南迫哲也先生にもご同行いただき、現地の状況や改修工事のご意見を頂きました。
会員各位 また研究室卒業生の方々のご協力・ご参加を心より切望いたします。

全景  

参加者

調査

*********** s57卒−小湊 ************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 10:39
-, -, - -
福島県復興住宅
JUGEMテーマ:学問・学校


1月28日「福島県復興住宅 会津白虎地区」建築現場監理に行ってまいりました。
昨年「福島県買取型復興公営住宅整備事業」プロポーザルに出願して入選しまして、
木造住宅を19棟、木造集会場を1棟 会津白虎地区に建設する事になりました。
設計:南迫哲也・平井充(初田研・工学院講師)・山口紗由(日本女子大)・熊谷幸浩(s63迫研)・小湊一敬(s57迫研) 5名の設計者チームと地元参加企業60数社にて編成されています。
例年に無く雪が少なく、3月下旬の完成を目指して順調に工事は進んでおりました。
************* S57卒ー小湊 *************
集会場玄関 集会場内部1 集会場内部2 住宅玄関 住宅内部1 住宅内部2 住宅ベランダ 住宅外観1 住宅外観2 住宅外観3
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 10:33
-, -, - -