RSS | ATOM | SEARCH
★★  迫研「山の家 有壇舎」  ★★
JUGEMテーマ:学問・学校


挨拶文01
挨拶文02

南迫哲也

高橋昭彦

 〆8紊力⇒蹐琉戞▲瓠璽襯▲疋譽垢鬚艦⇒躄爾気ぁ
◆仝獣蓮峪海硫函彡敢困忙臆辰任る方は連絡下さい。
  2016年4月10日(日)山の家の調査を行います。前日の9日(土)より幹事がおります。
  調査にご協力いただける方、久しぶりに山の家に行きたい方、迫研の仲間に会いたい方
  10日に南迫哲也先生も参加予定です。先生に会いたい方も是非いらしてください。
準備の都合上、参加される方は、ご連絡下さい。

  小湊一敬(57年卒)アドレス :  gkomichan@gmail.com
author:sekokenblog, category:お知らせ, 13:15
comments(0), trackbacks(0), - -
福島県復興住宅
JUGEMテーマ:学問・学校


1月28日「福島県復興住宅 会津白虎地区」建築現場監理に行ってまいりました。
昨年「福島県買取型復興公営住宅整備事業」プロポーザルに出願して入選しまして、
木造住宅を19棟、木造集会場を1棟 会津白虎地区に建設する事になりました。
設計:南迫哲也・平井充(初田研・工学院講師)・山口紗由(日本女子大)・熊谷幸浩(s63迫研)・小湊一敬(s57迫研) 5名の設計者チームと地元参加企業60数社にて編成されています。
例年に無く雪が少なく、3月下旬の完成を目指して順調に工事は進んでおりました。
************* S57卒ー小湊 *************
集会場玄関 集会場内部1 集会場内部2 住宅玄関 住宅内部1 住宅内部2 住宅ベランダ 住宅外観1 住宅外観2 住宅外観3
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 10:33
-, -, - -
南迫研究室 山の家「有壇舎」
JUGEMテーマ:学問・学校


南迫研究室 山の家「有壇舎:ゆうだんしゃ」をご紹介いたします。
「新建築 1984年」に掲載されました写真をご紹介いたします。

有壇舎01
有壇舎02
有壇舎03
有壇舎04
有壇舎05
有壇舎06
author:sekokenblog, category:お知らせ, 16:58
-, -, - -
【 加地邸 見学会 】
JUGEMテーマ:学問・学校


10月25日(土)神奈川県逗子市葉山の「加地利夫 葉山別邸」を南迫先生・高橋昭彦さん・篠原いずみさんと見学して来ました。「遠藤新さんの作品」と言う事もありまして、この日は お孫さんの遠藤現さんのご案内を伺いながら見学させて頂きました。「A.O.A」有機的建築アーカイブの会員の皆様にお会いする事もできました。
11月中の土曜・日曜日に展示しております。是非ご覧下さい。
ご紹介のホームページ : http://hhtrust.jp/news/

加地邸01 加地邸02

その後、藤沢市民ホール脇に移築保存されました「近藤邸 別邸」も見学いたしました。
近藤邸 海鮮昼食

**************** s57卒−小湊 *******************
author:sekokenob, category:南迫哲也近況報告, 12:07
-, -, - -
■■ Frank Lloyd Wright 「住空間の有機的考え方について」 ■■
9月5日(木)に「パレスホテル立川」にて、日本ERI蠅療貍攬貮上場・立川支店10周年を記念して、南迫哲也先生の講演会が開催されました。
日本ERI立川支店の佐藤幸一支店長(南迫研究室OB)の開会挨拶で第1部講演会が始まりました。
【 Frank Lloyd Wright「住空間の有機的考え方について」を「落水荘」を中心にした考察をお話しいただきました。特に構造的考察で、落水荘ゲストハウスに繋がる屋根の構造、グッケンハイム美術館の床と壁の構造の「コンプレッション リング」につきまして大変興味深いお話しをしていただきました。また住宅内部に必ず設けられた「暖炉」についても興味深いお話しでした。とても充実した講演会でした。講演の模様は、動画で掲載いたします。
【講演 前編】

【講演 後編】


********* s57卒−小湊 **********
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 18:34
-, -, - -
●● 第1回「福島応急仮設住宅」講演会 報告 ●●
9月22日(土)自由学園(目白)講堂にて「第1回 福島応急仮設住宅 講演会」が開催されました。
AOAの方々、南迫研究室OBの方々、福島からお出で頂いた矢内様、大勢の方々のご来場ありがとうございました。
編集・準備していただいたs63卒−熊谷さん 有難うございました。
当日のスナップ写真を掲載いたします。
01 02 03
04 05 06
    ******** s57卒−小湊 **********
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 10:59
-, -, - -
A.O.A 有機的建築アーカイブ講演会
『福島県応急仮設住宅』今こそ語る被災者のための空間づくり
9月22日(土)・12月9日(日)自由学園明日館講堂にて
南迫哲也 先生の講演会が開催される事と成りました。
詳しくは下記ポスターをご覧下さい。

講演会01
author:sekokenblog, category:-, 09:04
-, -, - -
■■ 仮設住宅紹介誌 「想い」 発刊 ■■
福島県応急仮設住宅を紹介した小冊子「想い(おもい)」が発刊されます。
掲載されました紙面を添付いたします。

小冊子 表紙 小冊子 裏表紙

小冊子 紙面1 小冊子 紙面2
※写真をクリックしますと拡大されます。

************ s57卒−小湊 *************
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 14:21
-, -, - -
☆☆  応急仮設住宅 建築 復興  ☆☆
 建築家とは 住まい手に喜びを与えられなくても、悲しみを与えてはならないということを痛切に感じとれた出来事であった。
 体育館住まいで失われたプライヴァシーを仮設住宅で詰め込まれたプライヴァシーで又も失われた人間的な社会性をまたしても失われたものがあるであろう。私達が今考えていることは、復興住宅の町造りが、どのようにこれらの体験を通じて新たなものをつくり合えるか、それを私達はイメージ豊かに創造しなければならないときに来ているのではないか!

                    
                   平成24年 4月 24日  南迫 哲也
author:sekokenblog, category:南迫哲也近況報告, 19:20
-, -, - -
■■■  応急仮設住宅  集会場  ■■■




※ サムネイルをクリックすると図面・写真が拡大されます。
author:sekokenblog, category:建築現場報告, 22:03
-, -, - -